温室効果のメカニズム

(JCCCAのWEBサイトより) 通常、 地球では、太陽から届くエネルギー と釣り合ったエネルギーが宇宙へ向 けて放出されます。 表面温度約600 0度の太陽から届くエネルギーは主 に可視光(目に見える光)で届き、 これは地球の大気はほぼ透過します。 一方、表面温度約27度の地球から は目に見えない赤外線という波長で エネルギーが放出されます。 二酸化炭素などの物質はこの赤外線 を吸収し、一部を地球側へ跳ね返す 性質を持っています。この作用が温 室に似ているため、「温室効果」と いわれ、その効果をもたらす二酸化 炭素などのガスを「温室効果ガス」 といいます。

二酸化炭素など温室効果ガスの濃度の上昇

温室効果ガスは京都議定書において 6種類(二酸化炭素(CO2)、メタ ン(CH4)、一酸化に窒素(N2O) 、代替フロン3種(HFC、PFC、SF 6))定められています。これらの 温室効果ガスは人類の発展と共に増 加してきました。特に産業革命以降、 化石燃料の使用や森林の再生を上回 るスピードでの使用に伴ない、急速 にその濃度を高めています。

発展途上国の急激なCO2排出量の増加

温暖化対策を講じる上で、今後この まま世の中が進んだら誰が温室効果 ガスを多く排出するのかという論点 があります。ある試算によると、今 後50年、100年スパンの長期的視点 で見たときに、温室効果ガス排出に おいて発展途上国が相当量を占める ことが分かっています。そのため、 自社・自国の削減努力の必要性はも ちろんのこと、発展途上国の温室効 果ガス排出を抑制する取り組みも重 要であることになります。

京都議定書の概要

温室効果ガスは京都議定書において 6種類(二酸化炭素(CO2)、メタ ン(CH4)、一酸化に窒素(N2O) 、代替フロン3種(HFC、PFC、SF 6))定められています。これらの 温室効果ガスは人類の発展と共に増 加してきました。特に産業革命以降、 化石燃料の使用や森林の再生を上回 るスピードでの使用に伴ない、急速 にその濃度を高めています。

参考:CERが生まれるまで

温暖化対策を講じる上で、今後この まま世の中が進んだら誰が温室効果 ガスを多く排出するのかという論点 があります。ある試算によると、今 後50年、100年スパンの長期的視点 で見たときに、温室効果ガス排出に おいて発展途上国が相当量を占める ことが分かっています。そのため、 自社・自国の削減努力の必要性はも ちろんのこと、発展途上国の温室効 果ガス排出を抑制する取り組みも重 要であることになります。